1

静寂に身をまかせる

IMG_2335.jpg
静か。とても。
朝霧が漂う河川敷。
鳴子御殿湯の朝陽。

始発電車が橋梁をガタゴトと走る後ろ姿を見送りながら朝陽を眺めた。

こういう時間久しぶりなんだよね。
普段、朝陽はおろか夕陽を眺める事も無かったから、
とても静かになれる一瞬。

IMG_2322.jpg
東鳴子の温泉街には違った時間が流れてた。

あれから3年半

あの日から3年半経った9月に改めて行ってみました。

あの日から1年後に訪れた時は、高台を残してほぼ壊滅でした。
16mの高波は向かうものを薙ぎ払い、
田畑を押し流し、人をさらい、これまで流れていた街の歴史に突然楔を打ちました。

宮城県七ヶ浜町。
心地よい風が吹いていた。
海にはサーファーが波に乗り、
街角のじいちゃんばあちゃんは元気でした。

平日の昼間だったからか人通りはまばらでしたが、
「街が動いてる」印象はとても強く感じました。
でも、それと同時に、2年半経ってもまだまだなんだ...と思いました。
訪れる前は、もっと「街の形」としての将来が想像できるくらいまで
進んでいるのではないか...?と思いを巡らせながら自転車をこいでいたのですが、
残念ながら「これからどんな街が出来るのか」は、まだまだこれからです。

IMG_4935.jpg
ここを歩くのは2度目なはず...なのですが、
景色が様変わりしていて記憶が曖昧。
道路の場所も変わっているのかもしれない...。

ここから海を眺めると、公園か遊歩道か...崩壊した海辺のオアシスが
印象的だったのですが、今は面影が全くなく、
新たな都市計画の元に着々と工事が進んでいました。

そして驚いた事が2点。

2年半前の瓦礫掃除の際に知り合った方が今もいらっしゃった!
これにはホントにびっくり。記念写真をパシャリ。
規模は小さくなってましたがボラセンも稼働中でした。

そしてもう1点。

今年初収穫だそうです。
瓦礫に埋もれ、塩に漬かって瀕死状態だった田んぼが今年初収穫。
その黄金色は最高にきれいだった。

じわっと来た。

IMG_4934.jpg
IMG_4933.jpg
仮説商店街の強烈なキャラクターのおやじさんが営むラーメン屋も絶賛営業中でした。
もちろん食べた。スマイル100万円(相変わらず高過ぎ 笑)。

また訪れてみよう。

<追記>
七ヶ浜ボラセンに伺った際の写真をいただきました。きずな工房のAさんありがとうございます!お礼が遅れてしまいましてごめんなさい。

1