1

中華街にて

実家から母親&妹が上京。
神奈川と言えば中華街(かどうか知らないですが)。

そんなわけで、久しぶりに中華街へ。

関内から横浜スタジアムを横目に玄武門から入る。
まだ朝の11時前。朝方の中華街は閑散としています。
ぶらぶらしてるうちに人が増え始め、お昼頃にはまっすぐ歩けないほどに。


呼び込みや露店の店員さんの声も飛び交っていました。
甘栗の呼び込みが異常に多かった印象。
流行りですか?たまたまですか?

学生の頃、部活の試合で上京したときに、いつも行っていた老酒のジェラードを出す露天にもう一度行きたくて、歩きながら探してみたけど、見つからなかった。。
そこの角曲がったらばったり出会えるかなぁ・・・なんて思ったけどそう甘くはなかったです。

店名も覚えてないし、場所すらも憶えていない自分が悪いです。
でも、そういうお店が多いのも事実。

「あのとき食べたお店が思い出せない...」

それでも、ぶらぶらと歩きながらゴマ団子とカスタード春巻き、(有名らしい)華正樓の月餅を食べました。そして予約していたお店へ。
お店は朱雀門の近くの三国志というお店。玄武門から入って真反対までぶらぶらしながら食べ歩いてたみたい。

今回は安さで選びました。通常の60%引きのコースってちょっと引き過ぎじゃないかと思うくらいです(笑)。豚角煮のあんかけとフカヒレあんかけチャーハンが美味しかった。
フカヒレ姿煮は、たぶん値段相応なんだろうけど、普通にうまかったのでOKです。

いつか、お金に物を言わせて聘珍樓で豪遊してみたい。

お土産は、ピータン(泥付きのまんま)、亀ゼリー(なんだろうこれ?)、フカヒレスープ(1缶1500円・・・高い缶詰)、中国の即席ラーメンと杏仁豆腐のもとを。

何年振りかの中華街は楽しかった。

1